ヤマハ・ギアC

例年のことながら年末は何かと忙しい。今年はコミケ原稿の締め切りと納車が見事に重なってしまった。これとて偶然ではない。バイクのストーブリーグの秋から冬は年間を通して相場がいちばん下がる。これが年が変わると上がり始める。皆さん忙しいからバイクなんか買おうと思わない。ある意味チャンスではあるのだ。

f:id:nabe3rr:20200127231133j:plain

ヤマハ(2スト)ギアは新聞配達員をしていた頃、ニュースギア(UA03J・4KN)を合わせて3台レストアし、2台乗り潰し1台を同僚に売った。私が一番たくさん乗ったスクーターでもある。また今回仕入れたギアCは、古いバイクばかり直して乗っている私にとっていちばんの高年式。またギアC型はヤマハだけでなく全社を通して最後まで生産された2ストエンジン。これも最も新しい2スト機関ということになる。フロントカウルだけ妙な自家塗されているため敬遠されたようだが、部品はギアC純正のままで事故暦もなさそう。しかも走行3万キロは原付スクーターなら極上の部類。これでエンジン実動・書付き。願ってもない品。新聞配達で3台乗り継ぎノウハウもある。レストアが楽しみ。

f:id:nabe3rr:20200128092149j:plain

これは三号機だと思う。たぶんリアサス交換中だがギアは整備のため右側のリアカウルを外すことが多いため右カウルの破損が多く中古も少ない。数年前まで海外製の補修部品が揃ったが需要がなくなったためか見掛けなくなった。この三号機はエンジンを初期の4KN(3AAと同型)に載せ変えるためパルシングローターの交換まで行った。おかげで初期BW´sのリアホイールが履けるようになった。

f:id:nabe3rr:20200128092702j:plain

その改造車で新聞配達員を退職した翌日からツーリングに出掛けた。GWに軽井沢に遊びに来ていた友人等と夕食を共にして深夜東京側に下る。エンジンや車体に問題は全くなく、1ℓ=38kmという超燃費を叩き出した。数値は怪しいが好燃費に間違いないはず。トータルで性能が上がるチューンに成功していたことになる。