創価学会 静岡平和会館(旧静岡文化会館)

 1980年(昭和55年)5月12日、関西・中部指導の帰路、池田先生は静岡文化会館(静岡平和会館)を訪問。その一報は当日午後3時頃、「静岡に寄ります。男子部を訓練しよう。」と、先生が乗られた新幹線の車中から。同午後6時、当時1圏10本部52部(支部)体制の男子部部長の内49名が結集。

f:id:nabe3rr:20190904004750j:plain

勤行(方便品自我偈)の後、記念撮影。席上、先生は以下の4点を指導された。

①正法広布の後継を頼む。

②今こそ信心修行の労苦を忘れるな。

③「身は軽く法は重し」とのご教示を銘記されたい。

④社会と職場で勝利者たれ。

翌日13日、同じく静文での勤行会の席上、先生は以下の指導をされる。

「功労者のお見舞いもあって、この地に寄せていただいた。近年、何かとご苦労やご心配をおかけし申しわけなく思っている。

社会は競争であり、複雑で厳しいものだ。だれ人も幸福にしてはくれない。幸福を確立するもしないも自分自身なのである。結局は御本尊への強い祈りしかない。

信心の目的は一生成仏にあるといってよい。ゆえに信心は強盛でなくてはならない。人間、弱い心ではつねに縁に紛動され、苦しみ多き人生となる。私たちは、確固たる信念と強き信心で、一日一日を勝ち取り、充実した人生としたいものである。

仏法は境涯を開くためのものである。動物は境涯を開くことができない。人間のみが境涯を開いていくことができるのである。境涯のいかんによってその人の人格的価値は決まってしまうものだ。」

f:id:nabe3rr:20190904012136j:plain

「いま、私たちは、大御本尊を拝し、無二の信心をもって勤行・唱題することによって、はじめて自身の境涯を開き、慈愛もわき、生活の豊かさも、事業等での信頼感もましていくことができるのである。

御本尊に題目を唱えられること自体が幸せなのである。たとえ、どのような境遇にあっても、唱題は人生万般の源泉である。ゆえに、勤行・唱題を持続していくところに功徳はつまれ、かならずや生活のうえに実証を示していくことができる。これを確信することが信心である。

現在の立場が不遇であるからといって、御本尊を疑ったり、勤行・唱題をおろそかにすれば、功徳が現れないのは当然の理である。」

  1980年5月12日 静岡文化会館(静岡平和会館)